新しい資金調達方法のファクタリングについて

ファクタリングを簡単に書くと、他の人が持っている売掛債権を買い取った上で債権の回収を行うという金融サービスの一種を指します。
買い取る際には一定の手数料がサービスを提供している企業から徴収されます。



メリットとしては企業の取引先からの入金は数ヶ月先になってしまうということもあり、すぐに入金されるというわけではないため売掛金を早期に資金化するための方法としてファクタリングが適しています。



ですので、企業が資金繰りをする際に早急にお金を必要とするときにはこの方法は有効です。
また、ファクタリングは借り入れを指すわけではありません。



この金融サービスを利用することによって企業は月々の返済に悩まされる必要はありません。
取引先がもしも倒産した場合においても、企業に支払いのリスクは存在しないという点や取引先にファクタリングを行ったことを知られることがないという点でもメリットがあります。この金融サービスは、いわば新しい資金調達方法として現在ビジネスシーンでは注目されています。

その反面、デメリットとしては業者に一定手数料を支払うことや買取の掛け目を必要とする点があります。契約にかかる費用については、業者によって異なる面がありますので掛け目だけを調べて決めるのではなく、諸経費や対応サービスなど総合的な面を考慮したうえで業者を決めていったほうがお得に利用しやすくなります。


不明点がでた際にすぐに頼りになるファクタリング業者を選べるようにしておくとよいでしょう。