ファクタリングでキャッシュフローを健全にする

近年は企業経営においては帳簿上の損益に加えて、キャッシュフローの重要性が広く謳われるようになりました。

企業間の取引においては一般的に掛取引を行います。



商品やサービスを提供した側にとっては現金を手に出来るタイミングが先になってしまいますので、最悪のケースでは損益計算書上では黒字であっても倒産してしまう危険性があります。

そのようなことにならない為には早期に債権を回収することが必要なのですが、取引先との間で決められている支払サイトがある限り、それは容易ではありません。



しかし最近は早期に現金を手にしてキャッシュフローを健全にする為に、ファクタリングサービスを利用する企業が増えて来ています。

ファクタリングとは売掛債権をファクタリング会社に買取ってもらうことをです。このサービスを利用することによって期日が到来する前に現金を手にすることが可能となります。

また償還請求権のないノンリコースファクタリングの場合は、売掛金を回収する前に売掛先企業が倒産もしくは支払い不能となってしまうリスクを回避することが出来ます。



サービスを利用する上で注意することは、売掛債権の満額を手にすることが出来ないということです。

売掛先企業の信用力によって買取ってもらえる金額には違いがありますが、信用力の高い企業でしたら売掛債権額の9割以上の価格で買取ってもらえますが、信用力が低い企業の場合は7割程度の買取額になってしまうケースもあります。