ファクタリングで現金化できるメリット

ファクタリングとは、債権である売掛金を金融機関や専門の業者に譲渡し、所定の手数料を支払って買い取ってもらうことです。

あくまでも、債権の譲渡取引であり、借り入れには当たりません。


よって、信用情報機関にも記載されることはありません。

ファクタリングを利用すると、手元の自由になる資金が足りなそうな場合でも、相手先の支払日の関係で、実際の入金日が2、3ヶ月先になってしまう場合でも、早く現金化が行えます。



資金繰りが楽になります。

手形の裏書と似ていますが、債務に関して違いがあります。



裏書手形は、不渡りになってしまった場合に裏書人も債務を支払いをする義務が出てきますが、ファクタリングは、売掛金の債権の保証をせずに譲渡できるため、万一顧客先が代金を払えない事態になっても、弁済する義務を負う必要はありません。

ファクタリングを利用する場合は、譲渡先の専門業者が、掛け売上の顧客側が信頼できる相手かどうか審査してから可能になります。

売掛金の内容によっては、顧客からの譲渡の許可の確認が必要だったり、債権譲渡登記が必要になる場合があり、現金化するまでに時間がかかる場合があります。



ただし、顧客側に譲渡する事実を公開したくない場合は、自分の会社とファクタリング業者の間の取引にとどめておく業者を選ぶといいでしょう。

費用は高めになる傾向がありますが、迅速に行えますし、あらぬ誤解を招くこともありませんので、非常に利用しやすくなっています。