ファクタリングのメリット

ファクタリングとは企業が持っている売掛金や受取手形などを手数料を払って第三者である専門の会社に売りわたすことで、企業に資金を調達する金融上の取引方法です。

売掛金は支払い側の都合により未収のままのお金であり、いつ入ってくるかわからないという懸念があります。
第三者の専門会社がそれを完全に買い取ることで、資金繰りにめどが立ち企業の経済上の問題が解決できます。

もし万一、売掛金の回収が不可能になった場合、依頼企業と第三者の専門の会社のどちらが負担をするか問題になります。

依頼企業が負担をする償還請求権のあるファクタリングとファクタリング会社が負担する償還請求権のないファクタリングのどちらになるか二者択一になります。



一般的には信用調査能力の限界などにより償還請求権のあるファクタリングが採用されることがほとんどです。企業にとっては、自分の会社に都合のよいように債権を売却して代金を受け取れるというメリットがあります。
借り入れではないので利子が付くこともなく、銀行と違って担保を請求されることもないし、早期に売掛金を資金に繰り入れることができるのです。銀行などの金融機関に融資を断られ、決済に間に合わない企業にとっては有効な資金調達方法です。



また取引先の売掛金の支払期日が長期間にわたり、当面の資金繰りに困る場合もメリットが大きくなります。
またメインバンクや取引先に知られないようにひそかに資金調達をしたい企業にも向いています。