企業の資金繰りを改善するファクタリング

ファクタリングとは、売掛金などの売掛債権をファクターと呼ばれる第三者と取引することによって、支払期日の前に現金化する方法です。
金融機関からの融資では決算内容・借入件数・借入総額などを厳しくチェックされるため、審査に落とされるケースも考えられます。

一方、ファクタリングで重視されるのは売掛先企業の信用であるため、売掛債権さえあれば即座に資金調達ができます。

また、売掛債権のリスク管理、売掛先企業の信用力調査という点でもメリットがあります。


ファクタリングには、償還請求権のある売掛債権担保融資と、償還請求権のない売掛債権売買(ノンリコース)の2種類があります。

売掛債権担保融資では、売掛先企業に倒産などの事故が起こり、ファクターが債権を回収できない場合は自社が補償する必要があります。

売掛債権売買では、売掛先倒産リスクも含めて売買を行っているので、売掛先企業が倒産しても補償する必要はありません。

ただし、請求書・注文書などに偽造や詐欺的行為があった場合は当然、損害賠償請求の対象になります。



また、売買という形式をとっているので負債に該当せず、バランスシートのスリム化も可能になります。



ファクタリングを行う際には、基本的に売掛先企業の承諾が必要です。


しかし、債権の譲渡に関して承諾を得られないケースもあり、自社とファクターで行う二社間売買のニーズも高まっています。



二社間売買では、債権回収を自社が行う形になりますが、三社間売買に比べて掛け目が低めに設定される傾向があります。